2014年8月17日日曜日

妖怪ウォッチ 第1話『妖怪がいる!/恐怖の交差点』の感想

妖怪ウォッチ DVD BOX 1
妖怪ウォッチ DVD BOX 1
2014年1月8日放送
第1話『妖怪がいる!/恐怖の交差点』
脚本:加藤陽一
絵コンテ:ウシロシンジ
演出:駒屋健一郎
作画監督:松坂定俊
きょうの妖怪大辞典:ドンヨリーヌ、ホノボーノ、ジバニャン
≪声優≫
ケータ / 天野景太(あまのけいた)・・・戸松遥
ウィスパー・・・関智一
ジバニャン・・・小桜エツコ
妖怪ウォッチ - Wikipedia


つい先日・・・幼稚園に通う甥っ子(5歳)が、私の家に
妖怪ウォッチ』なるおもちゃの腕時計とメダルを持参して遊びに
やって来たのです・・・↓・・・(私はその瞬間まで妖怪ウォッチというものの存在をまったく知りませんでした・・・)

妖怪ウォッチと妖怪メダル

↑・・・なんでもこのおもちゃ・・・幼稚園ですものごく流行って
いるらしいのです・・・

甥っ子は目を輝かせながら、『これが僕ののお気に入りなの・・・』とか、
『こっちのメダルの方が値打ちあるの』とか・・・ひとつひとつの妖怪メダルを
私に紹介して説明してくれました。
(メダルをウォッチに差し込むと妖怪キャラクターの音声が流れる)

妖怪メダル レジェンド しゅらコマ フシギ族
(しゅらコマ フシギ族)
↑・・・この金色のフレームの妖怪メダルは、レジェンドと呼ばれていて
オークションなどで結構高値がついているらしいです・・・

妖怪ウォッチ 妖怪メダル 第3章 /フシギ族/しゅらコマ
↑・・・なるほどこのしゅらコマ、2014年7月27日現在amazonで4000円近い値段がします・・・

妖怪ウォッチ 【レジェンドメダル】 ブシニャン
↑・・・なんとこっち(ブシニャン)は中古で3万円台!?・・・

甥っ子の喜ぶ笑顔と
そのおもちゃとは思えぬ値段のつり上がり方に・・・↓
これは、ちょっと私も財テクのために甥っ子と話を合わせて遊ぶために
『妖怪ウォッチ』なるアニメを観てみなくてはいけないな!と・・・そう思った
次第であります・・・
で、さっそく観てみました・・・(以下感想)・・・↓
いや、(マジで)想像以上に面白かったです・・・(大人でもけっこう楽しめます)

【妖怪ウォッチ 第1話「妖怪がいる! 恐怖の交差点」の感想】

普通に面白かったです・・・
テンポが良く、観ていてまったく苦痛を感じませんでした・・・

ガシャガシャ?・・・ガチャガチャじゃないのか・・・(?)
100円をガチャガチャに入れてしまうところがなんとも違和感・・・
もったいないから10円か50円にしてほしい・・・

登場人物の(見た感じ)設定がなんとなく『ドラえもん』或いは『ポケモン』
似ていると感じました・・・
ジャイアンにスネ夫にしずかちゃん・・・ウィスパーはドラえもん?

とにかくウィスパー(主人公の執事)のキャラクターが面白い。
ウィスパー役の声優・関智一さんの発するフレーズや語り口調、驚き方のイントネーションなどが面白いと感じました・・・
聞いていて心地よい・・・

ゲラゲラポーのうたの振り付け・・・
アニメのキャラクターたちが踊っているシーンで私も一緒に踊ってしまいました・・・
もしかしたら甥っ子と一緒にこれをやる機会があるかもしれない・・・
なんて覚えやすい踊りだ・・・

後日・・・一緒に踊る機会がありました・・・が、
どうやら甥っ子は『ようかい体操第一』の方がお気に入りみたい・・・
『ようかい体操第一』(作詞:ラッキィ池田 & 高木貴司 / 作曲:菊谷知樹 / 編曲:日比野裕史)

妖怪ということだけあってやっぱりちょっとだけ恐い雰囲気があるのがとても
良いと感じました・・・

妖怪ドンヨリーヌがなんとなくジャバ・ザ・ハットっぽい・・・

あたしのプリン・・・まだあるんやん!

ジバニャンが可愛かった・・・
さっきほど2話も観たのですが、もしかしてジバニャンってオスなの・・・(?)

ジバニャン可愛いけどあんなに「車にはねられたら」なんとなく教育上良くないんじゃないかって・・・一瞬そういう風に思いました・・・
「はねられて」もたいしたことないと受けとる子供がいるかもしれない・・・?
まあよくわかりませんが。

『僕はしにませ~ん』(ドラマ101回目のプロポーズ・武田鉄矢のネタ)
親世代向けに対応したネタだろうか・・・

北斗百裂拳(Hokuto Hyakuretsu Ken)ならぬ・・・ひゃくれつ肉球
『ひゃくれつ肉球』で肩を叩かれたら、ものすごく心地良さそう・・・
妖怪ウォッチ アクリルキーホルダー 妖怪ウォッチ02 ジバニャンひゃくれつ肉球AK

「俺にのり移ってよ!」と主人公ケータがジバニャンに提案したシーンが
なぜかちょっとこわかった・・・

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ

↑それにしてもこのウォッチ(DX妖怪ウォッチ)なんでこんなに高いんだろうか・・・
(2014年7月末現在amazonで)7000円もするではないか・・・(汗)
※定価・・・メーカー希望小売価格は3,200円(税抜き)
(甥っ子はトイザラスでたまたま定価で売っていたの買ってもらったらしい・・・)
さてこのブーム(?)はいつまで続くのか・・・・世界各国を巻き込んだブームへと発展していくのか・・・(?)
ちょっと気になります・・・