2015年1月24日土曜日

ネリさまぁ~ず SECOND SEASON ♯02 『抗争勃発!サトミキvsトラブルガール愛菜』の感想メモ

ネリさまぁ~ず Vol.1 [DVD] ネリさまぁ~ず Vol.2 [DVD] ネリさまぁ~ず Vol.3 [DVD]

日本テレビ 2015年1月17日放送
[新]ネリさまぁ~ず SECOND SEASON ♯2
抗争勃発!サトミキvsトラブルガール愛菜。
私の方ができるから!サトミキ、ブチ切れ!?
アシスタントの座を巡った因縁の対決がいよいよ決着!
さまぁ~ず、塚地、飯塚、コカドを巻き込んで女同士が火花を散らす。酢つけ麺、寝技ほか不可思議対決にもらい事故連発!

【MC】さまぁ~ず
【アシスタント】佐藤美希
【ゲスト】コカドケンタロウ(ロッチ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、飯塚悟志(東京03)
ネリさまぁ~ず - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

面白いことは面白かったんだけど
個人的には、今回の企画は消化不良・・・『微妙』に感じてしまいました。

最初のマイクバトル(マイクパフォーマンス)の時は『サトミキvs愛菜』という設定(趣旨)がちゃんと成立していたんだけど、それ以降は
普通に芸人達の『リアクション芸披露』がメインになっていて(いつもゲストが2人のところを今回は芸人3人も呼んでいるし・・・そういう流れは構想通りではあるんだろうけれども)
見ていて釈然としないフラフラした展開(ストーリー)にちょっと戸惑いを覚えました・・・

個人的にはもっと『サトミキvs愛菜』の路線だけを全面に押していってほしかった・・・


サトミキ「愛菜の方が目立ってません?気に食わないんですけど」
大竹の返し・・・「一番いい所ついてきた」が面白かった・・・

さすがというか芸人達のガヤ、チャチャをいれる言葉のセンスが
どれもとても面白いので感心しました・・・


佐藤美希(サトミキ)は個人的には女子アナ的クールビューティー、清純派路線のイメージで売り出すんだろうなと思っていたので
いきなりのキャラ変更にちょっと戸惑うものがありました・・・

しかも愛菜と同じようなイラつきキャラ・・・
悪役ヒロインが二人ってどうなんだろうか・・・
(対決するにしても、この辺の設定の意図がよくわかりませんでした・・・)


相手に言いたいことをマイクを通して言い合う『マイクバトル』。
なんとなくサトミキのイントネーションが訛っているように聞こえました・・・
佐藤美希 - Wikipedia
なるほど栃木県宇都宮市出身なのか・・・

「チャックが上がんねぇんだよ」
クラシックバレエ「ずっと回れっから」
↑この辺が面白かったです・・・
今回の企画で、これまであまり目立たなかったサトミキの面白さ(良さ)が結構注目されたので、その部分は非常に良かったのかなぁと思います・・・


愛菜が登場してきた時→妙な貫禄があってビックリしました・・・何だろうかあの迫力は・・・

愛菜の真顔でタヒチアンダンスが面白かった・・・
(今回はこれが見れたので十分)
またどこかでやってほしい・・・

「大竹 マジ凄えから」
「乗っかるのやめなさい!」
が、面白かった・・・(このパターン今後も使えるかもしれない・・・?)
やはり愛菜は面白い。飄々としている表情が可愛い・・・


★【佐藤美季vs愛菜 どっちが優れているのか三番勝負!!】
三番勝負①『ギリギリ人間幅跳び』
「芸能界って、ジャンプ力必要じゃないですか」「確かにねぇ~」
(走り幅跳びで芸人達4人5人並んでいるところを飛び越える競技・・・どちらがより多く人数を飛べるか勝負・・・)
オチがなんとも微妙でした・・・
愛菜がすべったみたいな雰囲気になってるし・・・

このあたりから
ガチンコ『サトミキvs愛菜』というより→芸人達の(嫌がる)リアクションをメインに『とれ高』を稼ごうという趣向に変わっていってるような・・・・・・

「血とか出ても絶対隠して!」「1か月後にネタとして喋って」


三番勝負②『チーム対抗 酢つけ麺対決』
「やっぱり芸能界ってチームワークが大切だと思うんですよ」

この『チーム対抗 酢つけ麺対決』に関しては、
わずか18日前(大晦日)に放送された『ガキの使い・絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!』でも同じようなネタ『酢っぱい麺早食い対決』をやっていて・・・私はすでにそれを見てしまっていたので・・・
見ていても全然盛り上がることができませんでした・・・
リアクションも同じ=吐き出してむせるだけでした。
(↑面白いことは面白いんだけど・・・汚いのがちょっとたまにきず・・・)
★途中で大竹が布巾でテーブルをふいていたのが一番面白かった・・・

あまり時間を置かずにネタが被っていたのはちょっとツライ・・・


三番勝負③最終対決 柔道寝技対決
「芸能界って寝技が大事じゃないですか」「そういうことだよね」

『サトミキと愛菜』本人同士の対決ではなく・・・
芸人相手に寝技で一本取れるか勝負。
★サトミキ・・・中学時代柔道部 茶帯 県大会出場

この寝技対決の時のコカドはかなり面白いと思いました・・・
ケンカ6勝無敗の愛菜と対戦するコカドの戸惑い具合・・・
ケツをけられたコカド「ちょっと柔道・・・」「柔道でしょ?」
 「・・・・・・・・・・・・・」
「どうしたらいいの?」

(私は、あまりコカドという芸人さんを知らなかったのですが…)
この人リアクションうまいなぁと思いました・・・
愛菜にケツをけられて→腰から崩れてコケるさまが非常に良いと思いました・・・
↑・・・『カキの使い・山崎vsモリマン』で、ケツをけられている時の山崎邦正(月亭方正)の姿が一瞬頭に浮かびました・・・

●エクストラマッチ 三村マサカズvs佐藤美季
三村の目が明らかに下心のあるモノに変貌していたのに・・・芸人達がそれほど突っ込まないのはなぜなのか・・・(一応小さくはつっこんでいたけど・・・微妙に流してしまっている感じ・・・)

実は後に、三村は自身のツイッターで、『この時サトミキのおしりに手が触った』ということを告白している・・・
サトミキもそれについてツイイターで反応しております・・・
https://twitter.com/sato_miki626/status/557022266412646400

これを大竹が現場で見つけられていたなら『三村さんどこに手を当ててるの?』みたいな別の形のオチ(展開)が見られたかもしれない・・・
 
ミキティーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!