2015年3月26日木曜日

ネリさまぁ~ず SECOND SEASON ♯11『三村切望の企画、トラブルガール愛菜が“本当はイイ奴”ということを証明したい!』の感想メモ

ネリさまぁ~ず Vol.1 [DVD] ネリさまぁ~ず Vol.2 [DVD] ネリさまぁ~ず Vol.3 [DVD]

日本テレビ 2015年3月21日放送
[新]ネリさまぁ~ず SECOND SEASON ♯11
今夜は特別篇!
三村切望の企画、トラブルガール愛菜が“本当はイイ奴”ということを証明したい!
三村自らが仕掛け人となり愛菜が働く居酒屋さんへ潜入。
しかし!
三村のド下手仕掛け役に大竹、田中、コカド唖然&激怒。
独り言、ケンカ…三村の奇行に愛菜も失笑!?

【MC】さまぁ~ず
【アシスタント】佐藤美希
【ゲスト】愛菜、コカドケンタロウ(ロッチ)、田中卓志(アンガールズ)
ネリさまぁ~ず - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★非常に面白かったです・・・シナリオ通りにまったく進まないグダグダ加減が良い意味でさまぁ~ず(三村)らしくて良かったです・・・

久しぶりに愛菜がメイン?で登場するということで、(愛菜推しの私としては)見る前…かなり期待していたのですが・・・今回の企画内容では、愛菜の良さがいまいち活かされてなくて、おいしい場面は少なかったように思いました・・・その部分だけがちょっと消化不良というか残念だなと感じました・・・ただ、番組自体はすごく面白かったです。

【今回の企画】
トラブルガール愛菜は本当はいい奴という事を三村が証明したいと言い出して始まった企画


「愛菜はおうちでお店(居酒屋さん)をやっている」
店の名前は『あいなん家』(東京都・江東区)・・・

以前(2015年1月26日放送)、TOKYO MXの『999人美人』というバラエティ番組に『愛菜』が登場した時も、この両親が経営する居酒屋が紹介されていました・・・
母親が若い頃→やんちゃ美人だったらしい・・・
(今回もちらっと写っていましたが美人です)
愛菜 - Wikipedia


「あいなん家」の向かいにある建物から監視をする・・・
モニタリングルーム・・・
このモニタリングルームもお店(居酒屋)なのだろうか?
壁にメニューが貼ってある?

「あいなん家」の店の中の状況が外から鮮明にわかる(隠し撮りできる)のがスゴイ・・・
(↑飲食店なのだから中の様子が見えるのは、別に当たり前といえば当たり前なんだけど・・・)


三村「僕はどこに座ればいいんですかね?」
「前ここ座ったのに、俺今日ここ座るわっていうことで大丈夫かな?ドキドキしてきちゃった」
大竹「なに今(企画を)つめてんだよ」
↑が面白かった・・・

今回の企画はグダグダの三村が面白い・・・
(↑ここを楽しめないと・・・今回の企画はきついかも)
「仕掛け人下手だなぁ」


『顔にご飯粒をつけて取ってもらう』
チャーハンがパラパラすぎて、まったく顔にくっつかないのが面白かったです・・・
≪結局、ご飯粒を顔につけられず検証失敗≫

これに関しては三村が悪いというより企画会議の段階でテスト的なことを実際に行っていなかったのが問題かな?と・・・

三村がもうすこし落ち着いてさえいれば、チャーハンのご飯粒を水に浸すなどして粘着度を増してから顔につけるとか、別のくっつきやすい料理(クリーム系のデザート等)を注文するとか、色々機転をきかせられたのかもしれない・・・

結果的にはグダグダの失敗に終わって→それが圧倒的に面白かったのでオールオッケーなんですが・・・


『最近した超良い事エピソードを聞き出す』
三村「最近良い事してる?」「世の中に良い事してる?」
愛菜「してないですね」
三村「してない・・・」
「・・・・・・」
愛菜「なんですか?」
三村「一旦、働いてきな」

このあたりから三村の目がすわりはじめ、顔がヤバくなってくる・・・
大竹の指摘「大丈夫なのかな?・・・顔・・・」
「もう限界みたいな顔してますけど」が面白かった・・・


『俺の手を温めてくれ3分』
(↑お気に入りの愛菜の手を触りたいがために三村が会議で提案したミッションだろうか?)

愛菜「そんな冷たくないですね」のつっこみ・・・

三村の手が冷たくなかった為、あえなく手を離してしまい検証失敗・・・

このミッションも企画倒れというか(つめがあまいというか)、
ドライアイスか何かをジャケットに忍ばせておいて、三村の手を冷たい状態にしてから検証すればちょっとは違った風景がみれたかもしれないと思いました・・・

でも、失敗に終わった方が面白かったけど・・・


ゲストのコカドケンタロウ(ロッチ)、田中卓志(アンガールズ)・・・
「コカドと田中どっちがいいか?」
愛菜「田中さんは生理的にあんまり受け付けない」
「アンガールズさんは好きなんです」「同じ八王子出身で」
三村「アンジャッシュじゃないの、それ?」
愛菜「え?そうだそうだ アンジャッシュだ」

田中好きの私としては田中がちょっとかわいそうになりました・・・
(今回の企画→田中にとっては、かなり難しい役回りを迫られていたような・・・)


最後のミッション『客とケンカ』
三村vs女性客(エキストラ)

現場の空気は→そこそこ凍りついたのだろうか?
それとも、愛菜的に「これは絶対におかしい」となにかに気付いて、若干緊張感が解けるというかちょっと引いた(客観的な)目線になったのだろうか?

ケンカの時は、愛菜のお母さんがちょっと登場している?

ケンカがつかみ合いになって→三村が押されて椅子の上でこけそうに
なっていたのが面白かった・・・

≪結局最後のケンカ作戦も失敗≫

う~ん個人的にはケンカ作戦はちょっと微妙かなぁと思いました。
やらせとしても場の空気が悪くなる方向性はちょっと不快だし・・・
結局21歳の女に漫画やドラマみたいにうまく場をおさめるなんて事は、現実ではなかなかできないだろうし・・・
落とし所が難しいような感じを受けました・・・
どうするのが正解?っていう疑問が残る・・・後味の悪さ・・・


愛菜にネタばらし
やっと愛菜の顔アップが見られる・・・驚く愛菜・・・手で口をふさぐ仕草さをする愛菜がめちゃくちゃ可愛い。
ケンカを始めた時→愛菜「マジかよ」と思って・・・が面白かった。

最後のシメの言葉を言う三村「ドッキリの仕掛け人ってあんまりやったことないから、緊張しちゃった」 ←これがオチで番組は終了。

三村の顔色が着ているダウンジャケットと同じぐらいアカ黒かったのが印象的でした・・・