2015年5月25日月曜日

妖怪ウォッチ(アニメ)第9話『コマさん~再会編~/妖怪セミまる/ロボニャン始動!』の感想メモ

妖怪ウォッチ DVD BOX 1
妖怪ウォッチ DVD BOX 1
2014年3月12日放送
第9話『コマさん~再会編~/妖怪セミまる/ロボニャン始動!』
脚本:加藤陽一
絵コンテ:ウシロシンジ、吉田徹
演出:矢野孝典
作画監督:寺澤伸介
【きょうの妖怪大辞典】コマじろう、セミまる、ロボニャン
≪声優≫
ケータ / 天野景太(あまのけいた)・・・戸松遥
ウィスパー・・・関智一
ジバニャン・・・小桜エツコ
妖怪ウォッチ - Wikipedia


甥っ子(5歳)や姪っ子(3歳)と話をあわせるため、
私は気が向いた時にアニメの『妖怪ウォッチ』を見ることにしています・・・
助かるのは→『妖怪ウォッチ』のアニメ作品がわりと面白くて、大人でも普通に楽しめる(興味が持てる)ということです・・・つまらない作品だと見ていて苦痛を伴ってしまうので、それがないのは本当に助かります。テンポも良く・・・サクサク気楽に見れるのも妖怪ウォッチ(アニメ)の良いところです。

ある時、うちにやってきた甥っ子が突然ずらずら(ヅラヅラ?)』(言葉の語尾を~ずら)と言い始めました・・・
一体何のことかと思ってたずねたら、妖怪ウォッチのコマさんというキャラクターが使う『言葉(方言)』が『~ずら』なのだそうです・・・(↓こちらがコマさんです・・・)
妖怪ウォッチ 05 コマさん
妖怪ウォッチ 05 コマさん

ちなみに私が『~ずら~ずら』と聞いて最初に思い出したのはドカベンの殿馬です・・・
殿馬一人 - Wikipedia
※↑親世代はなんとなくこちらの方を思い出したのではないだろうか?

★これからは、語尾に『~ずら』と聞いて何のアニメキャラクターを思い出しますか?という質問に対して・・・↓
古い世代=ドカベンの殿馬 新しい世代=妖怪ウォッチのコマさん
と答えるようになるのかもしれない・・・


『~ズラ(づら)』という語尾は静岡県や山梨県、長野県などの東海方面で使われる方言。
意味は『~だろう』

『もんげーーーーーーー』
『もんげー』は岡山県の方言で『ものすごい』という意味・・・
妖怪ウォッチ 06 コマじろう
妖怪ウォッチ 06 コマじろう


そういえば、私が子供の頃→『エスカレーター』という機械(存在)は、ちょっと緊張を強いられる場所でした・・・
親からもこれは危ないものだと(こけないように)散々注意されていました・・・
最初の一歩・踏み出すタイミングさえつかめば(慣れてしまえば)なんでもないことなんですが・・・

昔、なにかのテレビ?で、タイミングをミスってこけて服をエスカレーターの隙間にはさんで首が絞まるみたいなVTRを見たような記憶があります・・・(軽いトラウマになっています・・・なぜかたまにその光景がフラッシュバックします・・・)


■『もんげーー』のコマじろうとケータは今回まったく絡みがなかったのに
きょうの妖怪事典ではメダルを貰ったことになってる・・・一体いつ貰ったんだ!なんでもありなのか!?・・・


妖怪セミまる・・・自分のことを『拙者(せっしゃ)』と言う妖怪セミまる・・・サムライみたいなストイックなキャラクターを想像していたのですが・・・意外とそうでもなかった(遊びまくり)・・・↓
【妖怪メダル】セミまる/ノーマル(グレー)/妖怪ウォッチ
【妖怪メダル】セミまる/ノーマル(グレー)/妖怪ウォッチ

ダウジングも今はアプリなのかぁ・・・
いまどきの小学生はスマホを持っているのか?(←大多数ではない〔その調査では50%以下ではある〕が持っている人もいるらしい・・・※2015年はじめ頃のニュースで見ました・・・

(今は、アプリアプリ・・・と流行っているけれど、10年後も同じようにアプリアプリと言っているのだろうか?・・・その頃にはまた別の新しい何かに変わっているのかもしれないなぁ・・・などとどうでもいいことが頭の中をめぐる・・・)


妖怪執事なのにもかかわらず妖怪のことについて全く詳しくないウィスパー・・・
頑なに自分の間違いを認めないウィスパー←教育上あまりよくないキャラだなぁと思いました・・・・
ウィスパーは(ドラえもんとはちょっと違って)ダメなキャラっぽい・・・
知ったかぶりをする性格←みみっちい、せこい・・・


『リアルセミ』の寿命=7日間。は本当に短い・・・

ケータと普通に遊んでいるだけで楽しいと言う妖怪セミまるがとても健気で可愛らしかった・・・
(↑このへんはとても子供向けっぽい・・・)

サッカーや釣り、野球、ブランコ、テレビゲーム・・・
残された時間を全力で遊びまくるケータと妖怪セミまる・・・
↑・・・『連れ合い』を探した方が良いのではないかとちょっと思いましたが(←これはちょっと大人向けの発想なのかもしれない)・・・


妖怪セミまる「これ、メダルだミン 死んだら意味ないけど・・・」
↑・・・この別れのセリフはちょっと寂しく感じました・・・
と、思ったらオチです↓
ウィスパー「え~よく読みますと、セミまるは1週間たつと死んだように眠るとかいてありますね」
↑・・・まあ、なんというか
ちょっとホッとしました(しななくてよかった)・・・
なんだったんだ?7DAYS(←バービーボーイズの曲です・・・)


ロボニャン始動!
ゴーケツ合体 超ロボニャン 10個入 BOX(食玩・ガム)
ゴーケツ合体 超ロボニャン 10個入 BOX(食玩・ガム)

おもむろにいつの間にか、その場に登場しているジバニャン・・・
片手にチョコボーを持っています・・・
(↑・・・そのチョコボーが目に入った瞬間、私は条件反射で『またチョコボーのステマかぁ』と思ってしまいました・・・)


「わたしはロボニャン」
↑・・・最初の流暢な(女声の)しゃべりにちょっと笑ってしまいました・・・
この女性声の音声でキャラを作った方がよかったのではないか?とちょっと思いました。

「説明しよう、私は未来からきたロボット
ロボニャン!・・・お前(ジバニャン)の未来の姿だ」

設定は若干ターミネーターっぽい印象を受けましたが・・・
いまいちロボニャンが何をしに来たのかわからない・・・ジバニャンを助けに、又はやっつけに来たという訳ではなさそうだ・・・


ポロっと未来に起こるであろう出来事を話すロボニャン・・・
ロボニャン「友達妖怪の謎の死!」と話した次の瞬間、ウィスパーの方をちらっと見る・・・
ウィスパーウィス?・・・わたくし?」
(なんとブラックなギャグ・・・オソロシイ・・・ウィスパーはしんでしまうのか?)
ていうかこれ幼稚園児に理解できるのだろうか・・・(?)
※なんとなくウィスパーの扱い=雑魚すぎるのを感じる・・・


ロボットになるのが嫌だというジバニャンとロボニャンが機能の比較対決をする・・・
(ロボニャンは自分がいかに優れているかをアピールしたい・・・)
かけっこ対決→ロボニャンのトランスフォームでロボニャンの圧勝・・・
ロボニャンの変形後の体積がおかしい・・・2倍になったり3分の1になったり・・・
ジバニャンのひゃくれつ肉球もまったく通用せず、
対決はことごとくロボニャンの勝利。


ロボニャンがロケットパンチした後、自分でパンチを拾いにいくのが面白かった。
エコに気を配っていることをアピール・・・


ケータの家で「コンセント借りていいか?」とロボニャンが一応ケータに一言ことわりを入れるのが面白かった・・・
コンセントを刺した瞬間に家のブレーカーが落ちるか、或いは辺り一帯が停電になるのかと思ったんですが、そうはなりませんでした・・・

しかし翌日ママが大激怒・・・『昨日の夜の電気代・・・一体何に使ったの!?』
ママに問い詰められるケータ・・・
やっぱり電気代高かったのか・・・
どこがエコなんだ。(というオチです・・・)

ロボニャン「I'll be back」(←やっぱりターミネーターを意識していたのか・・・)
「逃げ足早っ!」

『とりあえず帰ってくれてよかったね』で一件落着・・・
本当にロボニャンは何しに来たんだ!?という疑問だけが残る『お話』でした・・・


ケータ「ジバニャンはチョコボーを食べてればオーケーだし」
ウィスパー「お安い奴ですね」
ジバニャン「それって安上がりってことニャン?」

妖怪ウォッチ ジバニャンのチョコボー 14個入 BOX (食玩・チョコ)
妖怪ウォッチ ジバニャンのチョコボー 14個入 BOX (食玩・チョコ)

↑・・・これはあくまで私の感覚ですが↓
ジバニャンのチョコボーについて・・・あの分量でお値段100円は少々高いと思うんですが・・・
コスパが悪い・・・
なんとか100円じゃなくて68円ぐらいで売ってほしい・・・(なんとかならないかなぁ・・・?)