2015年6月26日金曜日

桐谷美玲主演・福田雄一監督映画『女子ーズ』の感想メモ

「女子ーズ」DVD 片手間版 「女子ーズ」Blu-ray 本気版 初回生産限定版
「女子ーズ」Blu-ray 本気版 初回生産限定版
『女子ーズ』(2014年6月7日公開)
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
製作:重村博文
【キャスト】
桐谷美玲藤井美菜高畑充希有村架純山本美月、大東駿介、安田顕、佐藤二朗、ムロツヨシ、皆川猿時ほか・・・
主題歌:E-girls『A S A P』
オープニングテーマ:浪川大輔『女子ーズのテーマ』
撮影:吉沢和昆
編集:栗谷川純
製作会社:キングレコード
女子ーズ - Wikipedia
※ネタバレします


めちゃくちゃゆる~い映画でした。
サブカルチックな戦隊ものコント・アイドル映画・・・
なんだかんだで結構面白かったです。


映画を観始めて最初の10分ぐらいは、
「こんな寒いノリがずっと続くのか・・・」とすごく不安になりましたが・・・じっと黙って観ているうちに段々このノリに慣れてきて→徐々に面白く感じるようになってきました・・・

映画自体は、特に目新しいギャグとかもないし斬新な展開とかもないし、ゆる~いノリだけでただ淡々と進行していくだけなんだけど・・・
↑・・・それがなんとも楽しいのです。

戦闘アクションや特撮技術なんかも適当だし雑だし、怪人とかのデザイン(形状)やネーミングもあまりクオリティは高くないし・・・
↑でもなんか面白い・・・

いや本当に面白くて楽しめました・・・
不思議な感覚です・・・
ゆるキャラを見ているような感覚に近いのかな?
そしてなぜかとても癒されました・・・


有村架純(ありむら かすみ、誕生日1993年2月13日)【緑山かのこ(女子・グリーン)】
有村架純 - Wikipedia
もしかしたら有村架純の笑顔に癒されていたのかもしれない・・・と今そう思いました・・・
そういえば映画を観ている最中はずっとグリーンばかりを目で追っていました・・・

この映画の中で私が一番気に入った『女子』がグリーン(有村架純)でした。
「ハイっ」て満面の笑みで返事するキャラクターにハマリました・・・
笑顔が凄く可愛い・・・
有村架純1st写真集「深呼吸-Shin・Kokyu-」 24時間女優-待つ女- ♯6 有村架純 [DVD]

チャールズ「顔のホクロが非常に良い位置にあります」「運勢の良い位置だと思うよ」
グリーン「ありがとうございます」(可愛い笑顔)
イエロー「どのホクロですか?」
チャールズ「な、な、な、何?面白いこと言うね君」
イエロー「パッと見 ざっくり3つぐらい(ホクロが)あるので・・・どれが運勢がいいのかなって?」

↑↓・・・このくだりが面白かったです。

グリーン「前回の石ころFに続き、今回も森の木Bを全力で演じます!


桐谷美玲 (きりたに みれい、誕生日1989年12月16日)【赤木直子(女子・レッド)】
桐谷美玲 - Wikipedia
レッド桐谷美玲の口もとがなんとなく←この漢字っぽく見える・・・
特長のあるキュートなアヒル口なんですが・・・なぜかこの漢字が頭をよぎる・・・
失恋、旅行、パリ。 桐谷美玲ファースト写真集

映画の中で(個人的に)ダレる部分がありました・・・↓
桐谷美玲(レッド)が仕事に恋にがんばっているシーン・・・この部分だけコントではなく妙にシリアス(普通のドラマ)っぽい演出・・・
(↑必要不可欠なシーンなのかもしれませんが、この部分だけあまりに普通過ぎてちょっとダレました・・・)
桐谷の恋人っぽい存在になろうとしていたチャラ男・成瀬輝彦(大東駿介)
↑とても中途半端な印象を抱いたんですが・・・
イケメンという雰囲気でもないし、なんとなく薄ら笑いが悪役っぽいし
最初ああやって言い寄ってきた後に実は怪人だったっていうオチを想像していたのですが、まったくそんなこともなく・・・ていうかこの恋愛エピソードは必要だったのだろうか!?
・・・だってこの恋愛エピソードの後フォローがまったくないまま映画はすんなり終わってしまうし・・・・
おそらく誰もこの恋の顛末について気にしてないんだろうなぁ・・・


女子ーズ5人の顔立ち(体型:スタイル)が結構似通ってるなぁとなんとなく思いました・・・
まったく一緒ではないけど↓
イエローとグリーンは結構顔立ち雰囲気が似ている・・・
ブルーとネイビーとレッドも、スレンダーなスタイルが似通っている・・・
ショートカットがひとりぐらいほしかった・・・


藤井美菜(ふじい みな、誕生日1988年7月15日)【青田美佳(女子・ブルー)】
藤井美菜 - Wikipedia
やさぐれクールヤンキーキャラなのかな?と思ったら、
意外にも漫画(20世紀少年)などを熱心に読んでいたりする・・・
↑漫画を読みたくて駄々こねている姿がなんとも可愛かったです・・・
MINA FUJII 07‐08―藤井美菜写真集

ブルー「わかるでしょ!あんな山奥で近くにスーパーなんてないでしょうよ!」
つっこみするどい・・・つっこんでいる時の顔がこわい・・・!


高畑充希(たかはた みつき、誕生日1991年12月14日)【黄川田ゆり(女子・イエロー)】
高畑充希 - Wikipedia
※「みつき」または「高畑充希」名義で(女優の他)歌手活動も行っているらしい・・・
PLAY LIST

歩道橋のシーンがやたら長かったのがとても印象的でした・・・
あれは一体何なんだ・・・(いやまあ別になんだっていいんだけど)
渡って来た人がおもむろに来た方向へまた帰っていくのかなと勝手に思っていたのですが、そうではなかった・・・普通に通過していく・・・オチなし、ボケなし・・・

地球の平和が一大事なんだから→『数えるバイト』の日給分ぐらいレッドが自腹で払ってやればいいのにと思いました。
その後のタクシーでもレッドがお金払ってたし・・・


山本美月(やまもと みづき、1991年7月18日)【紺野すみれ(女子・ネイビー)】
山本美月 - Wikipedia
2015 山本美月カレンダー ([カレンダー])

理想の男は福山なのに、実際の恋愛ではマジブサイクな男を選んでしまうネイビー・・・

紺野家でのパーティーシーン→ドレス姿の山本美月(紺野すみれ)がとても綺麗で可愛いと思いました・・・
そのパーティーでのシーン・・・山本美月(紺野すみれ)を口説こうとしているイケメン(黄川田将也)の後ろ(背景)で所狭しと踊っている客(カップル)達・・・そのぎこちない社交ダンスにちょっと笑ってしまいました・・・踊り慣れていないのか何なのか、妙な不自然さを覚えました・・・


映画を観終わった今、怪人の名前をひとつも思い出せない・・・
ワカメヌルン(ワカメ怪人)
エリンギモルグ(エリンギ怪人)
ジュンサイドルド(ジュンサイ怪人)
カメムシゲルゲ(カメムシ怪人)
キツツキツツキー(キツツキ怪人)
スネークネルネ(スネーク怪人)
メタルゴードン(金属怪人)
モチザザザ(お正月怪人)
モチザザザなんていたっけと思ったら最後の最後(あの最強巨大怪人の後)にちょっとだけ出てくる怪人かぁ・・・


戦隊もののコントといえば・・・↓
とんねるずの『仮面ノリダー』とか
仮面ノリダー - Wikipedia
ダウンタウンのごっつええ感じの『ラブラブファイヤー』『ゴレンジャイ』とか・・・
ダウンタウンのごっつええ感じ - Wikipedia
世紀末戦隊ゴレンジャイ - Wikipedia

女五人組ヒーローものといえば・・・↓
美少女戦士セーラームーンとか、ももいろクローバーZ?とか・・・

この延長線上に『女子ーズ』はあるのだろうか・・・


道明寺公彦役の皆川猿時(みながわ さるとき、誕生日1971年2月1日)
皆川猿時 - Wikipedia
↑・・・なんか中途半端だなぁと思いました。
ダサくてブサイクな男という役どころなんだろうけど→着ている服や綺麗にそろえたモミアゲ・髪型なんかに清潔感があって、そこまで変でぶっさい人に見えないのですが・・・
もっと頭ボサボサにしてさえないおっさんを装った方がよかったのでは・・・


この映画のゆるさには妙な中毒性があるのかも…とちょっと思いました・・・
映画を観終わった後、
また似たような作品(続編とかスピンオフとか)がないかネットで検索してしまいました・・・≪また同じようなのが見たい!≫
監督:福田雄一・・・この監督さんの作品を追っていけば似たような感じのが楽しめるのかな?
福田雄一 - Wikipedia
あるいは、
有村架純が出演している作品を追えばいいのだろうか?
(まあ両方とも、チェックしてみようと思っていますが、まずは有村架純からかな・・・)