2018年4月29日日曜日

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』第2話の感想メモ

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
F4卒業から10年後の英徳学園ー新しい恋の物語がはじまる。
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX

第2話『予測不能の三角関係!! 初デートが道明寺邸!?
花のち晴れ〜花男 Next Season〜 - Wikipedia
【出演】
■神楽木 晴(かぐらぎ はると)役:平野紫耀(King & Prince)
■江戸川 音(えどがわ おと)役:杉咲花
■馳 天馬(はせ てんま)役:中川大志
※ネタバレします。



■第2話を観た率直な感想→結構面白かったです。

前半は、ぶっちゃけ退屈な展開だと思いました・・・「パンケーキ屋でのシーン、道明寺邸でのシーン、桃乃園学院に乗り込んでいったシーン・・・微妙に盛り上がりに欠けるというか・・・なんだか妙に淡々としていた印象・・・
ですが最後の10分くらい?(宇多田ヒカルの挿入歌がかかったあたり)からまた一気に盛り返してきて面白くなった感じがありました。

第2話C5や他の登場人物のそれぞれのキャラ(性格)や関係性もわかってきて、だいぶストーリーの輪郭がはっきりしてきたなぁと思いました。


視聴率
「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第2話が24日、放送され、平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の7.4%(同)から0.5ポイント上昇。(これから徐々にでも上がっていってほしいです)


■自分でも不思議なんですが→このドラマを観ている最中、なぜかずっと目から水滴(涙)が出るのです・・・
なぜだろう?・・・たぶん疲れているのでしょうね(^-^;
ドラマ花より男子のエピ等を無意識で重ねてパブロフの犬のように反応してしまうのでしょう。


主人公:神楽木晴(平野紫耀)のカスカス声ちょっと慣れてきました。
第1話ほど気にならなかったです。
ただ、演技がまだ憑依しているっていうほどはハマってない感じなので・・・今後本気で心底…江戸川音(杉咲花)のことが好きでたまらなくなるくらいの熱演を期待したいです。
☆ヘタレ役は良く似合ってると思いました。


■このドラマは花男nextだから当たり前のことなのかもしれませんが↓
ドラマ花男を観ていた者からすると『既視感アリアリ』のシーンやセリフが結構あるわけです。
それが嬉しくもあり・・・→一方で『退屈』でもあったりするのです。
良い意味で花男とは違う別の展開や『新しい名場面』も創作してほしいなぁ~と思いました。


■パンケーキ屋、
一応、初デートなのにワクワク感が全然なかったなぁ・・・
江戸川音(杉咲花)が事情をわからず勘違いして晴に付き合っているとはいえ・・・なんだかしっくりこない・・・
恵比寿ガーデンプレイス時計広場の待ち合わせ→普通に遅れず到着している音に・・・「え?」って一瞬なりました。
(↑別にいいんだけど・・・花男ではおもいっきり遅れて到着していたので・・・)


■音の婚約者:馳 天馬(はせ てんま)があまりに完璧すぎてツライ!・・・「そんな高校生おらんで~」と思わず突っ込んでしまいました。

泣いてる赤ちゃんだけをVIPルームに隔離したら・・・馳君は鬼だったのに・・・
(そういう冷酷な一面を今後みせることがあるのだろうか?それとも最後まで完璧な人物のまま?裏がありそうでなさそうな・・・)


■桃乃園学院・・・透明の近未来宇宙船のカプセルみたいなやつ・・・ロケ地は、安倍首相の母校『成蹊大学(せいけいだいがく)』の図書館らしいです。

桃乃園学院の内部(実態)は、もはや『ネタ』ですね(^-^;

【馳 天馬のマニュフェスト】
☆VRを使った授業の実施
☆校内清掃ロボット及び警備ロボットの導入
☆校内移動用セグウェイの導入
☆専属ネイリスト常駐の発案
☆オーケストラによるチャイムの発案
☆トレーナー付ジム及びホットヨガの完備
☆室内スカイダイビング部発足

一応、これらのマニュフェストを実現した『馳天馬』ができる男として紹介されていましたが・・・
↑よくよく見てみると『どれもくだらないというか・・・学校には必要ないことばかり』だなぁと思いました。

すっごい小さな人型ロボットが広~い床の掃除をしていのがちょっと面白かったです。(そのペースで掃除してたら一体何日かかるんだ!)

狭い通路で(いや狭くなくても)廊下でセグウェイとすれちがうのが、すごく恐いだろ!って思いました。


■なんで晴の父親(キャスティング)→滝藤賢一なんでしょうね?
演技が下手とは言いませんが、なんか風貌に違和感を覚えるのです。(髪型それでいいの?みたいな。)
ドラマ『半沢直樹』からの流れでキャスティングされたのなら・・・
大和田常務→東大卒の香川照之の方がマッチしているような気がするのですが・・・
ただ、香川はカマキリ先生のイメージもあるので・・・それはそれでマイナスになるのかな?


■なんで江戸川家ではティッシュ箱を上からつるしているのだろう? 絶対使いにくいと思うのですが・・・貧乏だとティッシュをつるすのだろうか?


■よくよく考えてみると紺野さん(木南晴夏)だけが庶民なわけです・・・
第1話では神楽木邸へ招かれた際、見事に『ビックリする役(賑やかにする役)』を演じていました・・・
紺野さんの部屋の中の雑然とした感じがとても良い!

音の家と同じように豆苗を育てているようだ。
もしかして豆苗を育てるアイデアを音に教えたのは紺野さんなのかもしれない・・・

段ボールの中には土のついた大根、玉ねぎ、にんじん、さつまいも、レンコンがある。
↑スーパーにはこんな土のついた野菜は売っていないので・・・畑でできたものを譲ってもらったのだろうか?実家から送ってきたものなのかもしれない・・・(まさか畑から盗んだ?)


■正座をしていたため晴の足がしびれて、ピクピクのたうちまわるシーン・・・←私的には「なんでやねん」と思ってちょっと冷めてしまいました。かつて道明寺がTOJ優勝のために牧野つくしにお茶の作法を教える場面で、普通に正座をしていました。
超金持ちの良家で、礼儀作法等に厳しいなら、正座くらい子供の頃から普通にしつけられているのではないだろうか?とそう思ったのですが・・・


■菊池桃子→常に笑顔なんだけども、今にも泣きだしそうな不安がみてとれる・・・その表情がとてもリアルで恐いと思いました。(見事に壊れているお母さんを演じていると思いました)
「なんだか朝から楽しそうね音ちゃん♪」
↑このセリフがちょっとだけ早いような気がしました・・・
3話か4話ぐらいで聞きたかったです。
まあでもテンポが遅いより早い方がイイと思うので、別に問題はないかな・・・


■花より男子の井上真央は、普段…ぶっちゃけ微妙な(美女ではない)見た目なのですが→(道明寺との恋愛で)泣きの演技が入るとめちゃくちゃ可愛く見えるのです。それは瞬間風速的にガッキーを超えるくらい可愛くみえます・・・
杉崎花が泣きの演技をした時、はたして同様に可愛くみえるのかどうか・・・
↑ここがちょっと心配なのです。どうなんでしょう?今のところまだ誰かを好きという表情(演技)は見せていませんが・・・


■江戸川音はいつも同じ服を着ている?←貧乏なのでたぶんたくさん服を持っていないからでしょうか?・・・芸が細かい。


■ちょっと思ったのは↓
花男における『牧野つくし』という存在は道明寺(F4)にとってはかなり特別(希少)な存在だったわけです。道明寺司や花沢類が本気で惚れるだけの理由がそこにはちゃんとあり…それがドラマ内できちんと描かれていました。
一方、花晴における『江戸川音』という存在は今のところ、それほど特別(希少)な存在ではないような気がします。
ふたりの男が取り合うだけの理由や価値・・・今のところドラマ内でそういのが描かれていません・・・今後このあたりをどう描いていくのか・・・見守っていきたいと思います。


■主題歌←かなり聞き慣れてきました。キャッチ―で良い曲だなぁと思いました。
主題歌は神楽木晴役の平野紫耀が所属する『King & Prince』のデビュー曲「シンデレラガール」(5月23日にJohnnys’Universe から発売予定)
【早期購入特典あり】 シンデレラガール(初回限定盤B)(DVD付)【特典:A2サイズポスター(Bタイプ)付】
【早期購入特典あり】 シンデレラガール(通常盤)【特典:A2サイズポスター(Cタイプ)付】
【早期購入特典あり】 シンデレラガール(初回限定盤B)(DVD付)【特典:A2サイズポスター(Bタイプ)付】

☆挿入歌は宇多田ヒカルの「初恋」。
↑悪くないと思いますが・・・「プラネタリウム」や「Flavor Of Life」を超えるかというと・・・どうなんでしょう・・・まだそこまでハマっていないような・・・(まあこれからですね)


■次週は花沢類がでるのかな?
火曜日が待ち遠しいです・・・とても楽しみ♪