2018年5月12日土曜日

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』第4話の感想メモ

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
F4卒業から10年後の英徳学園ー新しい恋の物語がはじまる。
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX

第4話『ドS小悪魔の逆襲、涙の別れ…新ライバル登場
花のち晴れ〜花男 Next Season〜 - Wikipedia
【出演】
■神楽木 晴(かぐらぎ はると)役:平野紫耀(King & Prince)
■江戸川 音(えどがわ おと)役:杉咲花
■馳 天馬(はせ てんま)役:中川大志
※ネタバレします。
(※原作ネタバレはしません)



■ツッコミどころ満載!! おんぶ運搬にとことんこだわる晴と音の心理がよくわかりませんでしたが→普通に楽しめました。
まあ面白かったです!

第4話は神楽木晴はあまり目立たなかったので、晴推しの人が観たらつまらなく感じる回かも・・・

天馬がなぜ音を好きなのか(音じゃないとダメなのか)明確な理由がわかって、とても良かったです。

2.7℃冷蔵庫でのシーンは泣けました。
馳天馬「何もしていないなんて言わないで」
「音がいたから僕は今も前を向けてる」

神楽木「江戸川を送ってやってくれ」
馳「言われなくてもわかってるよ」
スローモーションですれ違う天馬と音と晴


■しかしこのドラマ・・・『花より男子』の焼き直しにも程があるっていうぐらい花男のエピソードをなぞっているなぁ・・・と思いました。(愛莉は→三条桜子ポジション)

本当にドラマ花男であったエピソードをちょっとアレンジしただけで、そのまま使いまわしている感じ・・・

花より男子 Blu-ray Disc Box

ドラマ花男を観ていた者からすると、それはそれで嬉しいけど→既視感がスゲーあるし、先の展開もよめるので・・・微妙に物足りなさを覚えたりもします。

このドラマは、もしかしたら『花より男子』を知らない人の方が(新鮮に感じられて)楽しめるのかもしれないなぁ…とそう思いました。


第4回の視聴率
TBS系連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜午後10時)2018年5月8日放送、平均視聴率が9.0%(関東地区)※ビデオリサーチの調べ・・・初回は7.4%、第2回は7.9%、第3回は9.6%だった。


■英徳のカフェ?で愛莉と音の会話を盗み聞きしようと→すぐ隣の席に陣取る神楽木晴と平海斗(メガネ)・・・
バレないようにメガネとマスク、そしてブラックジャケットを脱ぎ、えんじ色のジャケットを着用ししている・・・
↑なんだか『変装』が中途半端だなぁと思いました。
できれば長髪のヅラをつけて女装までいってほしかったなぁ・・・
音「いつのまに!?」


■菊池桃子「音ちゃん、私ね、面接に受かって、ラ・ムーというディスカウントスーパーの実演販売で働くことになったのよ♪」
ラ・ムー - Wikipedia
ラ・ムー (バンド) - Wikipedia



■結局『極悪人愛莉が善人に改心するというパターン』
↑これはちょっと残念だなぁと思いました。
出来れば最後まで悪人キャラで通してほしかったです・・・
(↑まだ最終回までいっていないので、今後音を裏切る可能性もありますが・・・)

花男リターンズでも『中島海(戸田恵梨香)←悪いやつ』が最後の最後に改心して、牧野つくしが乗っていた車が悪路で立往生した際、どこからともなく現れてその車が動くように後ろから押して手伝ったりして、つくしと仲直りしていていたし・・・禊(ミソギ)エピ
改心というか・・・加害者と被害者が無理くり仲直りすることで→これまでやった加害者の悪事をすべてなかったことに・・・許してしまおうという禊シナリオ・・・(←観ていて、なんともいえないモニョモニョした感覚を覚えてしまいます・・・)

愛莉→すごく魅力的なコマだったのですが、今後無力化していくのがちょっと残念です。


■愛莉「友達として晴と音の応援をする」←これはつまらないなぁ・・・と思いました。
愛莉があまりにあっさり晴のことを諦めてしまうと→晴の価値が暴落してしまうのではないかとちょっと不安に思いました。
花男の三条桜子みたいに「私、諦めないから!」くらいが本当はよかったのかも?
或いは、
かまってちゃん愛莉が、晴の次にもっとかまってくれる存在→『江戸川音』を見つけた!っていう感じで、今度は音に付きまとって(女同士だけど)本気で恋するような展開・・・そっちの方がよかったのかもしれないなぁとちょっと思いました。

愛莉「音は私のもの!」みたいな感じで、晴&天馬と対立する。


メグリン(飯豊まりえ)=ドラマ花男における大河原滋(加藤夏希)ポジションでしょうか?
☆西留めぐみ(愛称:メグリン)
ホテル経営者の娘で、大人気のカリスマモデル。
メグリン(飯豊まりえ)を見ると、いっつも麻生久美子を思い出してしまいます。似ているなぁ~
PROTO STAR 飯豊まりえ vol.1


■第4話のラストで神楽木晴に近づいてくるメグリンの真顔・・・
パッと見、全然可愛くないと思ってしまいました。
というかちょっと恐かったです。近づき方が、恋愛のわくわくドキドキというよりホラー。

YouTubeで中川大志と絡んでいる飯豊まりえの動画『カーテンの刑を実演』を見た時は、まあまあかわいいなぁと思ったのですが・・・
どうなんでしょうね・・・見せ方・演出でなんとかなるかな?
第5話を見て『飯豊まりえを愛莉並みに可愛い!』と思わせてたら成功かな


■3話と4話は内容が被っているみたいなところがあったので・・・一応それなりに『話はまとまっていた』とは思うのですが・・・
もうちょっと奇麗に奇跡的に上手くまとめることはできなかったのかなぁ~?と思いました。

A:馳が音に告白するシーンが3話と4話でそれぞれ1回ずつある

B:4話の最初にあった愛莉のデレ行動(←これは音を貶めるための騙し演技でしたが・・・)←これがあったためか、ラストの愛莉デレオチに新鮮味を感じませんでした・・・

C:愛莉の攻撃も「集団暴行」&「2.7℃冷蔵庫?監禁」で3話と4話で計2回・・・

D:そして3話4話とも晴が音のピンチでイマイチ活躍していない「音を助けたのは結局馳天馬」
にもかかわらず晴と音は3話と4話でそれぞれ1回ずつデートをしている。
一度は晴が音を助けるシーンがほしかったなぁ
(私の妄想〔こうすればよかったんじゃね?っていう妄想〕→英徳の生徒がもうひとつ隠し持っていた金属バットで天馬と音を不意打ちで殴ろうとする→それをかばって晴が腕を骨折する→入院した病室が音と奇跡的に隣同士で…晴は愛莉暴走を止められなかったお詫びとして金の豚さんを渡す→音も助けられたこともあって紺野さんの提案Wデートに応じ…豚さんのお返しでもんじゃをおごる)

↑上記A~D、これらの重なっているエピソードを(全部とは言わないけれど)奇跡的に上手く1つにまとめることはできなかったのか?(まあ終わったことだし、もうどうでもいいか・・・)


■音がバイトしているファミリーマートにはいつもお客さんがいない・・・
こんなに暇なんだったら→ここで音のお母さん(←不器用さん)もバイトさせてもらったらいいのに・・・
丁度1話以降、1人辞めて人員が少ないようだし、先輩の紺野さんは優しい性格で面倒見がイイ人だし・・・


■第4話の愛莉=今田美桜はとにかく可愛くて、魅力的だったなぁ・・・


■なすバター


神楽木晴の幼少時代を演じている子が美少年過ぎる!
翔(しょう)2018年5月9日(第4話放送の翌日)で満12歳かな?
翔 (キッズモデル・子役) - Wikipedia
翔は、ドイツ人の父と日本人の母を持つ、ロサンゼルス在住の12歳。デビュー前から美少年としてインスタで話題を集めていたらしい。
翔 (sho)さん(@asl_ahl) • Instagram写真と動画
https://www.instagram.com/asl_ahl/?hl=ja


■江戸川音のおんぶ・・・
別に大雨の中、わざわざ、おんぶして運ばなくても、携帯で救急車か、英徳学園の人か、警察か、タクシーか、(困った時の天馬くんを)呼べばいいのに・・・
廃工場で雨宿りできる所なんていくらでもあるでしょうに…と思いました。

愛莉の健康状態(身体が冷えきっていたかも)によっては『雨の中、無理やり運ばない方がよかったかもしれない』
おんぶ運搬で→さらに雨に濡らしてしまうことで身体をもっと冷やしてしまう恐れがあったと思うのです・・・(もしかして隣町の自宅までおんぶで運搬するつもりだったのか?)


■神楽木晴が廃工場に到着したあと、愛莉だけを連れて・・・
音をその場に置いてけぼりにするのも謎過ぎます(笑)
ガチで意味が分かりませんでした。
↑このへんなんとかうまく脚本演出でゴニョゴニョできなかったのだろうか・・・

あの後、音はひとりで隣町の廃工場から自宅まで雨の中歩いて帰ったのか!?

↑翌朝、音は「(晴と愛菜のことを)あの後どうなったんだろう?」って心の声でつぶやいていますので、ほぼ100%置き去りにされています(笑)

晴はいつもでっかい車に乗っているんだから音も一緒に乗せて連れて帰れただろうに・・・

運転手に音を運ばせてもイイし・・・
なんだったら雨の中、高齢の小林に音をおんぶさせるように命令したってイイ・・・
ずぶ濡れの神楽木晴「小林は江戸川を運んでくれ(真顔)」
ずぶ濡れの小林「(びっくりした顔で)・・・・は、はい、ぼっちゃん(こ、腰が・・・)」


■江戸川音の心理がよくわかりません↓
自分をワンチャン殺そうとしていた人物(愛莉)を雨の中必死で捜索、助け出す?っていう→そのあと友達になり、笑顔で食事!
う~ん・・・
少女漫画の世界、その中にあるお約束リアリティーとしては成立するのかもしれないけれど・・・現実では絶対ありえない話だなぁと思いました。
慈悲深けぇどころではない神様教祖様レベルの精神の持ち主ですわ


■杉咲花→表情豊かで演技もうまいと思いますが、
コメディエンヌ的な演技(自分がのってボケるみたいな演技)は微妙に苦手なのかもしれないなぁと思いました。
晴の妄想キスシーン(突然歌い出したり踊り出したりするヤツ)ああいうのがイマイチはまっていなような気がしました。
あの演出ずっ~と滑っているような・・・もしかしたら出演者の演技の問題ではなく、演出の問題もあるのかな・・・


■第4話のラストあたりで、前髪を上げている神楽木晴(平野紫耀)→ちょっとカッコイイと思いました。
ツムツムのcmの平野紫耀は→正直微妙だなぁ(華がないというか目立ってないなぁ)と思いました。イマイチ良さが出ていない・・・


■最終的には、たぶん音と晴はくっつくのだと思うのですが・・・
神楽木晴にとって江戸川音は唯一無二の存在であるということ・・・そういうのをちゃんと描いてほしいと思いました。
「江戸川音じゃなければダメだという理由」

☆今のところそういう描写はなく→一緒にいても気を使わない、笑顔が増える、落ち着く、お互い弱い自分をさらけ出せる←こういうレベルの(一般的な恋愛っぽい)ありふれた理由しか描かれていないので、もっと奥深い奇跡的な『想い・恋心』が知りたいです。

たぶん晴が音に告白するタイミングでそういうのがちゃんと描かれるとは思うのです・・・それがこのドラマ最高の見せ場になるのでは?と思っています・・・楽しみです!


■ドラマ花男では、牧野つくしは弁護士を目指していたりして、自分の夢や理想を一応持っていたりしたのですが・・・江戸川音にはそういうのがなさそうだなぁ・・・これから描かれるのでしょうか?(でももう今更、そういうのを描く時間もなさそうなので、このままかな?)


■次回→な、なんと予告を見ると、神楽木晴の父・巌(滝藤賢一)が音のバイトしているファミマ(コンビニ)を訪れるようなのですが・・・いくらなんでも暇すぎではないかと・・・
☆神楽木晴の父・巌(滝藤賢一)は、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つ神楽木グループの社長。

親子そろって奇跡的に暇だったのかな・・・?

上半身はだかでマッチョのポーズの馳天馬が楽しみです。

予告を見る限り→次回は神楽木晴と江戸川音の『すれ違い』が多く描かれるような気がするので→ちょっとヤキモキしそうな予感がします。