2018年5月31日木曜日

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』第7話…は全部カットでいいんじゃないか?感想メモ

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
F4卒業から10年後の英徳学園ー新しい恋の物語がはじまる。
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX

第7話『道明寺邸再び!バイバイ、ヘタレ男子…運命が動き出す
花のち晴れ〜花男 Next Season〜 - Wikipedia
【出演】
■神楽木 晴(かぐらぎ はると)役:平野紫耀(King & Prince)
■江戸川 音(えどがわ おと)役:杉咲花
■馳 天馬(はせ てんま)役:中川大志
※ネタバレします。
(※原作ネタバレはしません)



■第7話を観た率直な感想→江戸川音うぜえ!優柔不断過ぎ!
ぜんぜん痛快じゃない青春ラブコメディーいい加減にしろ!と思いました。

今回も江戸川音にまったく感情移入できませんでした。もうたぶん最終話まで感情移入できることはないでしょうね・・・

そもそも第1話から第7話までズゥーーーーーット主人公が『自分の素直な気持ち(晴が好きだという感情)全く気付かないっておかしいでしょう?
江戸川音は→常に周り(状況)に流されている…自分の意志がない…口癖が「だね」←相手に同意することでしか自分の気持ちを表現しない・・・それじゃあ性格はやさしいか?っていうと、そうでもない・・・相手の気持ちを思いやれないので、近づいてきた沢山の人たちを傷つけている・・・
江戸川音が表に見せた『神楽木晴が好きなのかも?』っていうアクション(演出)は→なんと握りこぶしをつくる←基本これだけ(第1話~第7話でたった、それだけ・・・)
ありえないっつぅ~の!!
※ちなみにドラマ花男では、もう第5話で牧野つくしは道明寺への気持ちを自覚し始め、ラストで自分の身体を投げうって道明寺の命を守ろうとしています・・・司告白からの→司つくしのハグもあります(ハッキリ言葉に出さなくても見せ方やアクションでなんとか恋愛感情をうまく表現するのがドラマなはずなのに・・・)

☆ブレブレ江戸川音に関する考察は第6話の感想メモの方にたっぷりまとめてありますのでそちらをご覧ください↓
ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』第6話! 江戸川音に感情移入できない感想メモ


庶民狩りを始めるキッカケ&辞めるのくだり・・・まったく話に入り込めませんでした・・・こんなアホな(稚拙な)茶番マッチポンプで感動できるわけがないのです。
神楽木晴「よく見ろ!これのどこが品格だ!?」(←今更すぎるこの発言・・・ちょっと笑いました)

↑でも、これが一応、神楽木晴が少しは成長したというエピソードになるのでしょうね・・・


個人的には第7話:全エピソード全カットでもかまわないんじゃないかと思いました。

●道明寺邸のくだりなんて1回で十分だし・・・
(1回目で司ぼっちゃんが1人の女性によって変わった話をすれば良かった)
●晴メグリンお見合いシーンもいらない・・・
(メグリンの株が上がっただけで全体の状況は変わらない・・・)
●『庶民狩り』の決着は、第3・4話愛莉エピでうまくまとめておくべきだった・・・
●音&天馬&義母の食事シーンもいらない・・・
●近衛の天馬崇拝エピも第2話あたりで、うまく差し込んでおくべきだった・・・

バッサリどんどんカット!全体をダイジェストかよってぐらいテンポよく編集した方が絶対面白いのに・・・

今ドラマ花男の第5話6話7話を同時進行で見ていますが・・・
↑神がかり的に面白いんですよ・・・無駄なシーンなんてひとつもないです。どうしてアレを参考に再現しないのか・・・(まあそんな簡単な話ではないでしょうが・・・)


■これ最終回で晴と音が結ばれるエンドになるとして・・・
視聴者をちゃんと納得させることが出来るのでしょうか?

馳天馬が身を引く?・・・メグリンが身を引く?・・・神楽木父が江戸川音と神楽木晴を認める・・・英徳がとりあえずかつての栄光を取り戻す・・・C5の成功・・・その他もろもろエピのフォロー
↑こんなのあと2~3話でできるのだろうか?


視聴率→女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系、火曜午後10時放送)の第7話:2018年5月29日放送→平均視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)…第6話の8.3%から0.8ポイントのダウン※何がヤバイって次下がったら6%台になる可能性もあるってことです。


■今回の見どころは→桃乃園学院で小さいロボットがガラスの柵を拭き掃除していたところですね(←見た瞬間、思わず声を出して笑ってしまいました)


■神楽木晴は、例えば神楽木家(大財閥)を捨てて、一人の男として江戸川音と向き合い、愛する覚悟はあるのか?
(江戸川音もその覚悟はあるのか?)
↑・・・たぶんないですね、そこまで壮大な『運命の恋』を描けてないですし、描く予定もなさそうです・・・
ただの高校生初恋話のような・・・
ドラマ『花より男子』を観ていた者からするとちょっと物足りないような気もします・・・


■江戸川音(杉咲花)の見た目が→カリメロっぽいとちょっと思ったのですが・・・
カリメロ どこでもカリメロ BOX カリメロ[ステッカー]ダイカット防水ステッカー【Bタイプ 】


■神楽木晴が庶民狩り(間違ったこと)を辞めたのって江戸川音の影響というより西田&タマさんから道明寺の逸話を聞いたからってのが非常に大きいと思うのです・・・

タマ「間違ったと思ったら、そこから軌道修正すればいい!それだけだよ」
タマさん(1人の女性の影響)によって神楽木が正しく変わった!
もう神楽木晴はタマさんと付き合えばいいんじゃないだろうか?
↑誰も予想しないエンディング!
もし最終回のひとつ前ぐらいの回で、視聴率5%を切ったら→一か八かでこの『晴タマハッピーエンド』をやってみてはどうだろうか・・・
たぶん放送の次の日、すごいニュース(話題)になると思います。ツイッターも炎上!
でもワールドカップがある時期だし、場合によっては、まったく話題にならず・・・トレンド入りすら難しかったりして・・・


■これだけ江戸川音がブレててメンヘラな行動を続けていたら・・・杉咲花も台本読んだ時、色々と疑問を抱いて監督や脚本家に質問をぶつけたと思うのです・・・↓

①神楽木に告白されるがフる→②天馬からキスされる(よけない)→③桃乃園に転校決定→④道明寺邸でお茶&恵比寿ガーデンプレイスでの別れ→⑤神楽木晴が庶民狩りを辞める決断をする→⑥桃乃園学院への転校中止(延期?)

(以下妄想↓)
杉咲花「①この時の音は、『(自分の素直な気持ち)実は晴が好きだって感情』に気付いているのでしょうか?どういう表情をすればいいですか?」

監督・脚本家「①この時点では『晴への気持ち』に15%気付いている感じでお願いします」

杉咲花「⑥の時は?」

監督・脚本家「⑥この時点では35%気付いている感じでお願いします」

杉咲花「はぁ・・・(無茶ブリにもほどがある)」


道明寺邸で神楽木の腕に触れる江戸川音・・・
↑なんとも言えない嫌悪感を覚えました。
先日、告白されて完膚なきまでにフった男に気安く触るんじゃねぇって思いました。

↑こういうところが、アスペっぽいなぁと思うのです。
普通、「もてあそぶな!と激怒した」神楽木の気持ちとか・・・「遊園地で神楽木に嫉妬していたのを激白した」天馬くんの気持ちを考えたら絶対に触れないと思うのです。


■どうも神楽木晴の父親→巌:滝藤賢一のルックス(ひょろい痩せている体形、前髪おろしている)&過剰で下品な暴言(演技)に違和感を覚えてしまいます。
財閥のトップには見えない・・・威厳がない・・・高貴じゃない。
晴に対する接し方もパワハラ営業部長みたいなヤカラに近い・・・とても品位のあるものではない。
なんでこれで演技OKになっているのか意味がわからないレベルです・・・

☆思ったのですが→この滝藤という人と反町隆史(江戸川音の父親役)・・・役を入れかえた方が良かったのでは?

滝藤賢一の方がマグロ漁船のイメージに合っているような気がします・・・

もし反町隆史が神楽木巌を演じていたら、それなりのオーラを感じたのではないだろうか?あそこまで過剰に暴言吐かなくても目力だけで、晴はビビるでしょう。

神楽木巌(反町隆史)「晴どうした?言いたいことがあるなら言いなさい!」
晴「・・・・・(言いたい事も言えないこんな・・・以下略)」
神楽木巌(反町隆史)「ポイズン」

"POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~/If you love me,don’t for"


■神楽木巌「完璧でない人間はいらない」
↑おそらく・・・推測ですが・・・その巌さん・・・ 自分の嫁選びに失敗してますよね?
まだ子供が高校生なのに、ほとんど姿を見せない母親・・・母親は一体どこで何をしているの?家にも帰ってないんじゃないの?
神楽木巌さんはまず「完璧な家庭環境を気付くこと」に専念しなさいよ・・・
おまえが神楽木家にふさわしくないんじゃないのか?
※ちなみに第1話に晴の母親はチラっと登場します。


■ドラマ『花より男子』の第7話↓
中塚君「親切で言ってやったんだよ、あんたみたいな微妙な女よりもっといい女紹介してやるって」
中塚君「浮気の一つもできねえなんて気のちっちゃい男だよな実際よぉ!・・・ま、あんたみたいな微妙な女にはお似合いなんじゃね?」
牧野つくし「待ちなさいよ!」
中塚君「あ?」
牧野つくし「微妙な女で悪かったわね」
牧野つくし「道明寺は…あんたみたいなカスに理解できる男
じゃないんだよ! 」
ボカっ!(中塚君を殴る牧野つくし)

ドラマ『花のち晴れ』の第7話↓
神楽木巌「お前程度の男にはもったいない女性だ」
神楽木巌「お恥ずかしい話ですが、こいつはまだまだ未熟で10点満点でいえば5点がいいところです」
メグリン「それ本気で言ってます?だって意味わかんないよ!晴くんの素晴らしさは数字なんかじゃ表せないのに!」
メグリン「言っときますけど、私婚約なんてしませんから!」
神楽木晴「西留・・・」
メグリン「私はちゃんと自分の力で晴くんの心を手に入れます!私たちをビジネスに利用しないでください」

↑なんかメグリンが『牧野つくし』っぽい行動(アクション)をとっているんですが・・・これをメグリンにやられちゃうと江戸川音の立場がちょっとキツくなっちゃうような気がします・・・これを上回る江戸川ターンの巌エピって用意できるのだろうか?


神楽木晴「最後までありがとな江戸川」
(↑一瞬、今日最終回?って思っちゃいました・・・)
第7話は完全にふりだしに戻っちゃったリセット回だったなぁ
神楽木晴←妙にサッパリしちゃってるのが気になります…これからどうなるんでしょうか?
大丈夫なのかなぁ・・・
楽しみというより・・・心配しかないです(^-^;