2018年6月22日金曜日

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』第10話…もうどにでもなれ!感想メモ

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
F4卒業から10年後の英徳学園ー新しい恋の物語がはじまる。

花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男 Next Season~【TBSオンデマンド】
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX
花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX

第10話『愛とプライドを賭けた最終決戦!勝つのはどっちだ!?
花のち晴れ〜花男 Next Season〜 - Wikipedia
【出演】
■神楽木 晴(かぐらぎ はると)役:平野紫耀(King & Prince)
■江戸川 音(えどがわ おと)役:杉咲花
■馳 天馬(はせ てんま)役:中川大志
※ネタバレします。
(※原作ネタバレはしません)



第10話つまらない…江戸川音に感情移入できない…あまりに話が進展しないので、もの凄い物足りなさを覚えました。(ずっと同じところをグルグル回っているような印象・・・)

W杯日本vsコロンビアの熱戦を観た後に視聴したので丁度良いクールダウンになりました。(浮かれた気分が→ちょっと冷静に)

まさか江戸川音が『自分の素直な気持ち(本当は晴が好きという気持ち)』に気付いても尚、これまでとまったく同じ行動をとるとは・・・(自分の気持ちにフタをする行為・・・嘘で塗り固めた言葉)
↑これに対する
紺野さんの意見→「めっちゃ腹立つ! 失礼過ぎるよ、晴っちにもさわや彼氏にも…」「音っちは結局自分が傷つくのが恐いだけじゃん」「周りのことばっか気にして、自分の気持ち後回しで結局どっちつかずで、そういうのが一番人を傷つけてるってわかんない?!」
これを聞いた江戸川音「わかってますけど・・・」半ギレ&うつむく・・・

第5話くらいから第10話までずっとこんなクズ設定の主人公を見せつけられて、すでに誰も感情移入できなくなっている状態で、今更、紺野さんや愛梨に視聴者の思いを代弁させるようなセリフを言わせてももう遅いですし、さらにシラケました。

☆ちなみに江戸川音はその後、この紺野さんの忠告(説教)をサイコパスか?ってぐらいに(スルー・・・)当たり前のように無視します。

『馳天馬を無理やり好きになろうとし…神楽木晴への気持ちを封印しようとする…』(←もう次、最終話なのにまだそれをやるの?・・・今までさんざん同じ展開とセリフを見せられてきたのに!まだそれを見せる?・・・一体、制作陣は何を考えているのでしょうか?)


視聴率→杉咲花(20)主演のTBS系連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜午10時)の第10回(2018年6月19日放送)平均視聴率→5.2%(関東地区 ビデオリサーチの調べ)
初回は7.4%、第2回は7.9%、第3回は9.6%、第4回は9.0%、第5回は8.7%、第6回は8.3%、第7回は7.5%、第8回9.6%、第9回は8.6%

☆裏で放送されたサッカー日本代表のワールドカップ(W杯)初戦、コロンビア戦・・・NHK総合(後9・53~同11・00)の平均視聴率は→48.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)※瞬間最高は午後10時52分、53分の2分間で、55.4%という驚異的な数字を叩き出した。


■日本代表に負けたハメスロドリゲス曰く「頭を上げて次の機会を待っている」
ハメス・ロドリゲス 信じる
私も今回のこのドラマのことは忘れて、次の新しい花男ドラマ(機会)を待つことにしたいと思います。


■英徳の食堂、C5専用の2階サロンで、江戸川音がC4に向かって説教をするシーン・・・↓
江戸川音「あいつは負けず嫌いで、やるって決めたことは必ずやり遂げる男だよ!?」「あいつの近くにいて、そんなこともわからないなんて、ほんとしょうもない!」

その後、階段を急いで駆け下りる江戸川音・・・その姿があまりに不格好すぎて(特に最後の方)興ざめしてしまいました。
一瞬ですが、女装したダウンタウンの浜田に見えます。


■「あいつは負けず嫌いで、やるって決めたことは必ずやり遂げる男だよ!?」
↑バッティングセンターでホームラン打ったことくらいしか思い浮かばないないのですが・・・


音グラム
otogramさん(@oto_edogawa) • Instagram写真と動画
https://www.instagram.com/oto_edogawa/?hl=ja
↑公式インスタでの音&天馬くん動画がなかなか面白いです。オススメ。ドラマ本編と違って、センスもあるし癒されます。演者に罪はないんだなぁとしみじみそう思います。


■第9話では、成長した神楽木晴がシリアスで男気溢れる強気キャラクターになっていたのですが→第10話ではまた、ヘタレで天然弱キャラに戻っていて・・・西門総二郎が登場したこともあってなんか『決闘』なのにフワフワしたコメディー感あふれる演出(タッチ)になっていて←なんか妙な違和感を覚えました。

違和感覚えるシーンはまあ沢山あるんですよねこのドラマ・・・


■第10話のラストあたり・・・柔道の試合で馳天馬が神楽木晴を投げ飛ばし1本をとったときの→江戸川音の反応普通に笑顔で拍手しています・・・次最終回なのに…この表情で大丈夫なのかなぁ?演技指導これでOKなのかなぁ?


愛莉が純粋な『晴&音推し』から離脱してしまっているような気がします。 →これ最終回でもし晴と音がくっついたとしても…愛莉は素直に笑えないのではないでしょうか? 愛莉は『メグリンの傷ついた気持ち』を絶対考えるだろうし、かなり複雑な表情になるはずです。
↑なんで愛莉までもこんな感じに仕上げてしまったんだろう?

仮に最終回、晴と音がくっついたとしても・・・↓
今のとっちらかったカオス状態(第10話の状態のまま)では、誰も祝福できないんじゃないかな?

【祝福できない派】
馳天馬(傷心)、メグリン(傷心)、愛莉&紺野さん(メグリンとも仲良いので苦笑い)、近衛、音母、天馬父、天馬義母、晴父・・・
↑最終回、晴音エンドで、この人達が普通に笑ってたら逆に気持ち悪い&恐ろしいです!(なんかありえそうですが…)

【祝福できる派】
小林とか西門とか…

※音の英徳の友達2人とC3は微妙・・・というか元々、空気なキャラなのでどうとでもなるかな?・・・音父はよくわかりません・・・

↑コレ見ると晴音エンドって結構詰んでいるようにも見えるのですが(^-^;


■第10話・・・サービスショットでしょうか?↓
●西門の遠山の金さんスタイル(上半身の片方がはだか)
●西門の壁ドン
●上半身はだかで晴vs馳天馬のにらみ合い
↑こういうの好きでしょ?的な制作陣の意図が透けて見えるので、なんだか嫌なシーンだなぁと思いました。(私が男だからかもしれませんが…)


■次回予告
江戸川音「みんな自分らしく笑っている 私も自分らしく生きるんだ!」
↑さんざん自分勝手な行動をとって周りの人みんな傷つけておいて、何が「私も自分らしく生きるんだ!」だ!←ほんと江戸川音ってしょうもない。
何気に第10話で江戸川音自身がとった行動を全否定する予定なのがツボです。自分らしくない行動を貫き通した第10話の存在意義って一体何なの?

次週の最終回、馳天馬の大号泣シーンはあるのでしょうか?
それだけが楽しみなんですが…(なんかなさそうな気もします…)


■次回予告映像→神楽木晴と馳天馬が握手・・・
↑どちらもやりきった感あってお互いを認め合うような微笑みをたたえていました。良い表情。
もしかして晴&天馬エンドもあるのかな?
マジでそんな展開になった方が良いような気がしてきました。
江戸川音がひとりボッチになるエンドを希望します。
『二兎を追う者は一兎をも得ず!』


■俳優玉木宏、6歳下の女優木南晴夏と近日中に結婚。(2018年6月21日のニュース)
俳優玉木宏(38)が、女優木南晴夏(32)と近日中に結婚することが20日、分かった。
2人は昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演をきっかけに親密になり、その後交際に発展したとみられる。友人としての時間を過ごす中で、お互いが特別な存在に変化していったという。
紺野さんめでたい!イケメンゲット!まさにシンデレラガール!
シンデレラガール(初回限定盤A)(DVD付)


■1985年~1987年にかけてTBSで放送された中山美穂&木村一八主演の『毎度おさわがせします』というドラマがあったのですが・・・
そのドラマのOPでC-C-Bの曲に合わせて意味なく街行く人たちが集団で踊り始める演出(シーン)があったのです。

花晴れの最終回ラストも・・・『Romanticが止まらない』の曲に合わせて、(何の脈絡もなく)みんなでダンスを踊ればいいんじゃないかなと思いました。
もうそれぐらいしてもいいんじゃないと・・・
どうせ破綻しているんだし・・・
江戸川音のロボットダンスが観たいです。
馳天馬のブレイクダンスも…
長与千種とダンプ松本にぶん投げられる神楽木晴が観たい!
毎度おさわがせします - Wikipedia